2016年発表会   

今年で12回目になる発表会、無事終了しました☆

今年もスイングで、ピアノ、そしてドラムの山下君の生徒さん、
そして中垣あかねさんのボーカルの生徒さん、バイオリンも1名で
全員で23名、盛りだくさんな発表会でした☆ 

今年は天気も秋晴れの中、満席のお客様でわきあいあいとした雰囲気で、
聞いてる私もいろんな楽器もあり楽しかったです!

この発表会の主役は、生徒のみなさん!!!
みなさん、輝いてましたーーー☆☆☆

私は今日は見守るだけで、でもふつうにライブとしても楽しめてしまうくらい
みんな本番ではバッチリの演奏☆☆
すごいっ!

リハーサルでは緊張してしまった方も、本番はノーミス!!

そして、みんなの楽しいMCと、私自身も勉強になったり、初心にかえったり
笑ったり、一緒にドキドキしたりと、楽しいひと時でした

今年もベースの名古路さんとドラムの山下くん、リハーサルから
本番まで、素敵なサポートしてくれました。
長時間にわたる演奏サポート、ありがとうございました!

山下君のドラムの生徒さんも、ボーカル中垣あかねさんの生徒さんも
昨年より、今年また腕を上げてました!

やっぱり「継続は力なり」です。
続けることが一番の上達の早道だと、私は常々思ってます。

ので!
来年も発表会企画するから、みなさん、またぜひ参加してくださいねーーーー!!!
みなさんお疲れさまでした!
[PR]

# by jazzmi | 2016-11-14 14:02 | 音楽

2015年発表会   

2015年の発表会、無事終了しました!今年も満席で、椅子が足らないくらいでした。

発表会を企画するのも11回目になり、11年はあっという間でしたが、
みんなの晴れ舞台を作ってあげたくて、始めた発表会。
毎年準備は大変ですが、私も初心にかえる気持ちで、元気もらってます。
参加してくださった方々、ありがとうございました!!

今年は、ピアノでは6人、弾き語り1人、そしてなんとバイオリンで参加、ギターで参加の方もいて、バラエティに富んでいました!

バイオリンとギターの弾き方は教えることはできませんが、アンサンブルは
教えることはできますし、二人ともピアノでは参加したことがありましたが、
昔、その楽器をやったことがあるということで、久しぶりに
引っ張り出してみたみたいです。楽器も使ってあげないと、鳴らなくなってしまうので
せっかくなら、ピアノだけにこだわらず、そういうのもいいと思います。

その中で3人は発表会は初の方でした。
緊張したと思いますが、みんな堂々としていて、とっても素敵でした!

そして、そんな初の仲間同士で、同じ席だったので、みんなそれぞれ
情報交換もかねて、仲良くなるといいなあと思います。

なかなか同じピアニスト同志で会うことはないと思うし、
レッスンも個人レッスンなので、こういう機会に仲良くなって、
一緒にライブに行ったり、曲とかの情報交換したりは楽しいかも。


楽しみながら、音楽、ジャズピアノをみなさんの人生の一部に加えてもらえたら、嬉しいなと
思います。

それに、人前で、しかも実際の生身のバンドと一緒に演奏する機会があればあるほど、
どんどん上手くなっていきます☆
みんな今後も、セッションもどんどん行ったり、また発表会も参加してくださいね!


今年もリハーサルから、6時間演奏をサポートしてくれたベースの名古路さんと
ドラムの浅井くん。二人もお疲れ様でした!ありがとうございました!

毎年協力してくれてる、中垣あかねさんのボーカルの生徒さんも
参加してくれて、ありがとうございました!


また来年もやります☆みんなまた参加してくださいね☆
[PR]

# by jazzmi | 2015-11-15 19:20 | 音楽

2015年アンサンブルレッスン   

2015年のアンサンブルレッスンを行いました!

今年は参加者がちょっと少な目だったけど、
その分、一人ひとりに多く時間を使えたかも?

今年もサポートしてくれたDearBluesの2人、ありがとう☆
私も毎年、二人のレッスンを受ける気分で、為になります。
みんなはどうでしたか?


私はジャズの曲が、1曲しか知らないし弾けない時から、セッションに行ってみました。

ジャズがよくわからない、でもバンドでやってみたい、
でもやり方がよくわからない。アドリブもよくわからない。


セッションではそんな初心者の人もあたたか~く迎えてくれて、
 「こんなCD聞いてみなよ」とか
 「今度この曲やってみたら」とか
 「こういう時は、こうするもんなんだよ」

とみんな教えてくれました。
 

緊張しすぎて、ちょっとお酒を飲んで参加した時もありますが、
でも、それでも、勇気出してやってよかったと思います。


私は自分を 「現場仕込み」 と思ってますが、まさに
ほとんどは、セッションから学んだと言っても、過言ではありません。


しかも、いろんな人たちがいて、どんどん友達ができて、楽しい!
でも、弾けない自分が悔しくて、半泣きで帰った日も(笑)
それで、どんどんセッションにはまって、毎週のように行ってました。


家や、レッスンでやるよりも、10倍、実際バンドとアンサンブルすることは
一番の練習だと、私は今でも思います。

でもなかなかセッションには、時間が合わない人のために、そして
実際に活躍してるプロと演奏し、アドバイスをもらう
機会を作るために、アンサンブルレッスンを毎年行ってきました。

また、みなさん、発表会も楽しみにしててくださいね!
参加してくれたみなさん、ありがとうございます。お疲れ様でした!
[PR]

# by jazzmi | 2015-05-25 15:06

2014年発表会   

d0074994_21183683.jpg


2014年11月23日に、新栄スイングにて、今年も発表会を行いました!
今年でちょうど10回目。今年も60名超えるお客さまで、盛り上がりました!

参加してくれた方々、ありがとうございます!

今年もボーカルの生徒さんとそして、ドラムの生徒さんと合同で
弾き語りなど、選曲もさまざまで、みんなMCも楽しく、
私自身もとても楽しめました!

みんなかっこよかったよー!!


でも生徒さん、みんな自分にとっても厳しい。
「ぜんぜんダメでしたー!!(><)!」
これって、絶対、全員、終わったとき言うの。

うん、うんわかる。
私も、今でも、そして特に、ライブ始めたときはいつもそうだった。

でもそう言うのは、それは、理想の演奏や、うまくできたときの思いなどが強くあるからだね。
「もっとできるはずなのに!!」って。

でも、みんなに言いたいです。
「ダメなとこだけじゃなくて、良かったところも見つけてほしい。」

自分のピアノだけじゃないよ、バンドとして聞いてほしい。
「ここは、ちょっと分かり合えたな」とか「目が合って楽しかったな」とかも含めて。
それは、ダメなとこを見つけるより、実は大事な作業なんです。


あと、じゃあどうすれば自分に納得の演奏ができたか?。。。。。。。
実は、どう演奏したって、満足には至らないんです。

だって、練習通りに完璧にやったとしたって、「完璧にできた!」って言った人、聞いたことない。
完璧なんて、ジャズではありえない。練習通りにやったことがカッコイイとは限らない。

あと、「もっと」、「もっと」って絶対なる。
聞いたCDの人たちのように。見たライブの人たちのように弾きたい。って。

私も自分の演奏に「満足」はしたことない。
でもやればやるほど、どんどん楽しさがわかってくるし、自分の演奏はダメでもバンドと一体化してるから
全体で見たらすごくいいじゃん、とか。

だから、開き直ってどんどん、ステージに出て、その瞬間瞬間を
短いステージの時間でもめいっぱい冒険もして、
めいっぱい楽しんでほしい。緊張感の中でプレイして、拍手をいっぱいもらって、ライトを浴びて!☆

家や、レッスンでは味わえない、このライブ感。
みんなにたっぷり味わって、楽しんでほしい。

また、来年も企画するから、またみんな参加してくださいねー!


そして、今年もリハーサルから本番まで、きっちりサポートしてくれた
DearBluesのメンバーたち。お疲れさま!ありがとう!!
[PR]

# by jazzmi | 2014-12-01 21:27

2014年アンサンブルレッスン   

今年もアンサンブルレッスンを、新栄のライブハウス、スイングで行いました!

今年も私の誇るDearBluesのメンバーに手伝ってもらい、弾き語りの子、
レッスンまだ1回しかやってない子、セッションは初めての子、ライブ経験者など、
さまざまな人が参加してくれました。

今回はみんな2曲ずつ、曲がない子は1曲を2回やってみました。

いつもムードメーカーのベーシスト名古路いと、的確なアドバイザードラム山下君の
話には、私も感心したり、笑ったり、勉強になったり。

また来年もやるので、みんなぜひ参加してくださいね!
実際のセッションはまだちょっとコワイって人も、これなら大丈夫。

でも生バンドでやらないと、わからないことがたくさんあるからね、
みんな、お疲れ様でした☆

今度は発表会でねー!!
[PR]

# by jazzmi | 2014-05-10 16:02 | 音楽

2013年スイング発表会   

今年で9回目となる、スイングでの発表会でした!
今年はピアノの生徒さん、10人が参加してくれました!

昨年同様、ボーカルの中垣あかねさんの生徒さんとの
合同発表会という形だったのですが、
ふたを開けてみたら、今年もお客さん60人を超えるムンムンの熱気の中、
初参加の方、弾き語りの方、例年出演してくれる方、
それから、今年はドラムで参加した方などもいて、
わきあいあいと、今年も楽しい発表会でした!

今年もサポートは、私が誇るDearBluesのメンバー
名古路一也さんと、山下佳孝さん。

リハーサルから、熱気で、
リハと本番含めると、約6時間サポート演奏しつづけてくれました。

ピアノの生徒さん、みんなレッスンの倍以上の力を出して、輝いてました☆
スイングものや、ボサノバなど、リズムも多様で、
ソロ回しもみんなしっかりやったりと、やっぱりスポットライト浴びると
底力が出るのか?

みんな、それぞれ、かっこよかったよー!!

そして、ボーカルの方たちも
楽しい方ばかり。MCで笑わせたりと、余裕の表情。

そう、音楽は、楽しまなくっちゃね!
ちょっとくらい、緊張したり、間違えちゃっても、気にしない(^^)
楽しくできれば、それが、一番です!

本番で楽しくやるために、いつも一生懸命練習してるんだものね。

私も十分、楽しませてもらい、元気をもらいました。

今年はPAも私たちで行い、カメラマンもいなかったけど、
みんなそれぞれ、カメラやビデオで写真撮ったりしてたようです。

来年もやるからねー!
みんな、また参加してくださいね。
参加することに意味があるのよ(^0^)これ、ホント。
[PR]

# by jazzmi | 2013-11-04 21:03

2013年アンサンブルレッスン   

2013年のアンサンブルレッスンを行いました!
今年は12名の方が参加してくれて、ピアニスト、弾き語り、ドラマーなど
多様でした。

まだレッスン初めて間もなく、「セッションって何?」って方から、
「セッションって久しぶりで、どんなだっけ?」
という方も、いろいろだったと思いますが、アンサンブルレッスンの目的は、
すばり「楽しむ!」です。

私がジャズにはまった大きな理由のひとつとして、この
・アンサンブルの楽しさ
・バンドでやる楽しさ
があります。

・即興で、しかもバンドで音楽を作っていく楽しさ。
・みんなで曲を盛り上げていく楽しさ。
・反応し合える楽しさ。

まさに会話で、これが、ジャズの楽しさでもあり、醍醐味でもあるのです。

今日、みんな楽しかったかな? それどころじゃなかったかな?
音楽は、「音」を「楽」しむ。 忘れないでね! 

今年もDearBluesの名古路さん、山下くんのサポートと指導のもと、
みんなひとりひとりに丁寧な指導、でも、わきあいあいとした雰囲気で
しかも私自身もいろいろと勉強になりました。

緊張もしたと思いますが、それも経験のうち。
セッションも数こなすのが、一番の上手くなる早道です。

参加してくれた方々、お疲れ様でしたー!
また、秋の発表会もがんばろうねっ!

そして、また今年参加できなかった方、来年も企画するから
参加してくださいねー!
[PR]

# by jazzmi | 2013-05-13 01:22

2012年スイング発表会   

8回目となるスイングでの発表会。
今年も24日(土)スイングで開催しました。

今年は、ピアノの生徒さんは10人出演してくれました!

今年も初出演の方や、弾き語りの方、毎年出演してくれる方など
さまざまでしたが、みんな、本番はバッチリ!
みんな、かっこよかったです!

また、例年のように、みんなMCも上手で、楽しい方ばかりで
会場の雰囲気はすっかりなごんで、温かい空気に包まれた、発表会となりました。


今年は、DearBluesのメンバーがサポートで参加。
リハーサルから本番まで、ずっと丁寧にサポートしてくれました。

昨年と同じく、ボーカルの中垣あかねちゃんの生徒さんとの合同発表会で
こちらも、昨年出演してくれた方が、また一段とうまくなってたりしてました。

約6時間にわたって、サポートしてくれた名古路さん、山下君、
毎年PAを担当してくださる木村さん、そして、写真も撮ってくれた臼井さん、
お店のスタッフの方々もありがとうございました!


今年は、写真をデータで、私が全部預かってるので、ほしい方は、
お名前を添えて、メールくださいね。メールに添付してお送りします。

そして、音源もでき次第、みなさんにお渡ししたいと思います。
[PR]

# by jazzmi | 2012-11-28 02:01 | 音楽

2012年アンサンブルレッスン   

2006年から毎年続けている、アンサンブルレッスン。

今年も昨年同様、DearBluesのメンバー、名古路さんと、山下くんに協力してもらい
生徒さん達のアンサンブルレッスンを、実際のライブハウスにて行いました。

今年はピアノ10人の参加者。
何回も参加してる方から、ほぼ初めての参加の方まで、さまざま。
曲もいろいろ、弾き語りの方もいました。

普段、家で、または私のところでのレッスンがほとんどで、
生のバンドと合わせてみることがほとんどない方ばかり。でも、
バンドで一緒に音を出すことは、本当~に楽しいんです。

発表会だけじゃあ、やっぱりバンドとのコミュニケーションはまだ足りない。
一緒に演奏することは、一番の勉強ですが、
感想を言ってもらったり、アドバイスをもらったりで、
楽しさや、やる気は倍増します☆

というわけで、今年も企画したんですが、
みんないろいろ挑戦してくれました!
発表会じゃないグループレッスンだからね、挑戦することに意義があるっ♪

失敗も成功のもと、バンドの人たちとも心を割って、相談できるし、
いろんな意味で、アンサンブルレッスンは、発表会よりおススメです。

でも発表会は、大勢のお客さんの前で演奏できる緊張感と、ライブ感を味わえるから、
やっぱり、両方参加できると、バランスもいいかもね☆

サスガ、百戦錬磨の、プロのお2人。
山下くんの、本当にひとつひとつ丁寧なアドバイスと、
名古路いの、ほのぼのと場を和ませる笑いを交えた話で、
私自身も、楽しく、また、とってもタメになりました!

人気ある忙しいこの2人と演奏できる機会は、なかなかないですよ~


また、来年もやるから、ぜひ参加してくださいね~!
もちろん今年の発表会もね!
[PR]

# by jazzmi | 2012-05-10 21:57

2011年 スイング発表会   

11月27日(日)に発表会を開催しました!

今年も新栄のスイングで行いましたが、毎年本当に、満席御礼、
70名を超えるムンムンの熱気の中、みんな頑張りました!
参加してくれた方、来てくれた方々、ありがとうございました!

今年はピアニストでは、13人出演してくれました。


発表会は初めての方から、毎回出演してくれる方まで、選曲もさまざま、
ジャズスタンダードから、ビルエバンス、チックコリア、ミシェルカミロなどの大曲、
自作のオリジナルのジャズアレンジや、DearBluesの、私の作った曲を弾いてくれる方も
いました!!弾き語りの子もいました。

今年もみんな素晴らしかったです!


みんな緊張したと思いますが、みんなそれぞれMCの挨拶も上手で、
笑わせたりして、会場の雰囲気はやわらかくて、
そして、ちゃんと最後まで弾き切って、みんな輝いてました。
とても嬉しかったし、いちお客さんとしても、楽しめました。


今年、初めて出演された方で、
「ピアノのタッチの感じが違って、思ったように弾けなかった。」
とおっしゃる方がいました。


確かに、ピアニストは、楽器を持っていけないので
その会場にあるピアノで弾かなくてはいけません。

いいコンデションで弾きやすいならともかく、
ピアノの状態も場所により、さまざま。
思ったより鍵盤が重い、軽い、というのは、多々あります。


そして、今回のように満席だとお客さんに音が吸われたり、
エアコンや、湿度や、あらゆる状況で、
PAがあっても、自分の音、もしくは、バンドの音が聞きづらい状況も
あると思います。


私自身もさまざまな環境で演奏して、さまざまな状況を体験してきました。

最高の環境の時も、何度もありましたが、
ピアノのコンデションが最悪で、鍵盤の一部やペダルが壊れてたり、
鍵盤がすごい重い、もしくは軽すぎるとか、調律の変とか。。。
PAの状況もいろいろで、音が聞きづらかったこともありました。


でも、聞いてくれてるお客さんには、それは、何の関係もないことだし、
「今日はピアノの状態が悪くて」など言い訳はいっさい通用しません。

それは、ピアニストの使命といえば、使命です。


もし、「大変なピアノにあたってしまった」と思った時は、どうするか、、、

私は、なるべく早く、そこにあるピアノと仲良くなれるように心がけてます。

いつもの弾き方では太刀打ちできないときは、弾き方、弾く事を変えてみたり、
体全体で弾くようしてみる。
精神的にも動揺しやすいので、「外はいい音で出てる」と信じて、気持ちを切り替える。
事前に分かっていれば、力を抜いて弾けるように、椅子の位置をいつもより上げたりします。
あとは、PAの人に音が聞こえやすくなるように、いろいろお願いする時もあります。

まだまだ私も「こういう時はこうする」という確実な答えは出ず、
毎日このことに関しては悩みますが、
経験で、どんなピアノが来ても平気でいられるようになりました。
この「平常心」も大事かもしれませんね。


本当、何事も経験です。経験の多さは確実に力となってきます。

でも、本当に出演したみんな、それも含めて素晴らしかったと思います!
また来年も絶対やるので、ぜひぜひまた出演してくださいね!



今回もリハーサルからあわせると約6時間、ほとんど休みなしで
一生懸命サポートしてくれた、ベースの名古路さん、ドラムの野村さん、
そして、PA担当してくれた木村さん、写真を取ってくれた臼井さん、
お店のスタッフの方々、そして、昨年に引き続きこの企画に賛同してくれた
ボーカルの先生の中垣あかねさん、とその生徒さん、
みんな本当にありがとうございました。お疲れ様でした!
[PR]

# by jazzmi | 2011-12-09 12:54